新築VS中古ならどっち?

 

マンションを購入するという選択肢には、新築マンションの購入、中古のマンション購入してリノベーション、あるいはリフォームするというものがあります。

 

中古のマンションを買ってリフォームするケースのメリットですが、実物に建物がありますので、じっくり見学して納得してから購入できるという点になります。

 

一方の新築のケースですが、モデルルームでしか部屋の様子を知ることができません。ですので、実際に住んでみたら「こんなはずではなかった」という事態もあるそうです。

 

しかし中古の場合には、実際に部屋に入って確認できるため、完成後にイメージと違ったということがありません。

 

実際に部屋に入って、間取り、設備などを確認できるため、それにあわせたリフォームも比較的容易かもしれません。

 

ただしマンションの場合では、管理面も大きな問題があります。

 

管理人は常駐しているのか、定期的に修繕をしているのか、修繕費用として月々いくら貯蓄しているのかなど、実際の管理状況が確認できるのも大きなメリットです。

 

中古物件のメリットですが、新築よりも安く購入できることで、新築物件に関しては、15年以上経つと一気に価格が下落する点が気になります。

 

そのため、15年以上経過した物件を購入すれば、極端な下落を心配する必要がなくなります。

 

そうは言っても中古マンションにもデメリットはあります。築年数が経っているということは、その分建て替えや修繕するリスクもあるため、その点も承知しておかなければいけません。

 

建て替えが行われれば、マンションの資産価値は上がるので喜ばしいことですが、建て替え費用、建て替え中の住み替え費用が結構必要ですので、予算にあわせて検討しましょう。