リノベーション会社の種類について

 

リノベーションを取り扱っている会社にはいくつか種類があります。リフォーム会社も同じことです。

 

ただし、リフォームを専業としている会社ばかりではありません。そこでどのような会社の種類があるのか紹介していきます。

 

<リノベーション会社>
・建築事務所、設計事務所、工務店、施工会社、設備メーカーなど。
不動産会社が仲介していない会社。

 

小規模なものから大規模なものまで幅広いリノベーションに対応。
会社ごとに独自のサービス、商品を扱っています。
不動産を持っている人、費用を現金払いできる人におすすめです。

 

<ワンストップ型のリノベーション会社>
・設計事務所、施工会社、コンサルティングなど。
自社で不動産の仲介まで行っている、もしくはパートナー会社がリノベーションを行っている会社。
そのため物件探しから、設計、施工、資金計画にいたるまで、一貫して対応することができます。
引き渡しの後も、アフターケアしています。
物件探しから始める人におすすめです。

 

<直販店舗>
・インテリアショップ、内装材ショップなど。
不動産会社が仲介しておらず、自社の家具工場を持っている。

 

あるいは設計事務所を母体に持っている店舗などが対応するリノベーション。
インテリアにこだわりたい人、完成後の空間全体を演出したい人におすすめです。

 

リノベーションを物件の購入から始める場合は、物件購入の手続きから設計の打ち合わせ、工事費用の調整、住宅ローンの申請など様々な手続きが必要になります。

 

ワンストップ型にすれば、煩雑な手続きも専門知識のあるスタッフがサポートしてくれるので安心ですが、自社で一貫してできるところは、個別に注文するより費用が高くなるケースが多いようです。

 

ただし、いろいろ考えながら手続きをこなすより、時間を短縮して、家の設計打ち合わせなどに集中できるのがメリットです。