契約書類の確認

 

工事を依頼する会社が決まったらいよいよ契約することになります。

 

契約に関しては、新築物件を購入するのと同様にリノベーションは物件を購入しますから、リフォームに関してもさまざまな書類が発生します。

 

ここで重要になってくるのが、書類なので内容確認をしっかり確認することです。

 

しっかり確認しとかないと、追加費用がかかったり、トラブルの原因となってしまいます。

 

<契約前>→見積書、仕上表。
<契約時>→契約書、契約約款。
<工事完了後>→完了確認書、保証書。
<その他>→設計図面、変更同意書。

 

契約書は契約前にもらって、しっかり確認して・分からない点はその都度確認・納得してから契約するべきです。

 

工事遅延時の対応や補償については、重要なことがいろいろ記載されています。

 

このような状況になった際、工事が始まってからアレコレ言ってももう遅いのですから。

 

見積書のときと同じ内容と金額になっているか確認して、打ち合わせ通りの内容になっているか、工事会社名、住所、押印があるかどうか、施主の名前が自分になっているかどうか、契約日が記載されているかどうかなどを確認します。

 

念のために、支払い方法についての記載もあるかチェックしておきましょう。

 

さらに瑕疵があったとき、仕上表や設計図などと施工が違っているとき、様々な補償義務について詳しく記載されているのが契約約款です。

 

施主側に不利な条件が記載されていないか、難しい用語があってもきちんと確認しましょう。

 

契約書とセットで割印して渡されますが、小規模リフォームでは簡略化された書類になることもあります。

 

増築、間取り変更などのリフォームでは、設計図面を作ってもらうと便利です。

 

完成後のイメージがしやすく、リフォーム後に指定した幅、高さと違うといったトラブルになりにくいからです。

 

工事の途中で、追加工事やプランに変更があった場合では、変更内容、費用についてきちんと記載した書面、変更同意書をもらっておかないといけません。

 

工事完了後には、完成した家をしっかりとチェックして、保証書を受け取りましょう。今後のアフターケア、保証内容についても確認して納得した上で、サインするようにしましょう。