リフォーム費用はどのくらい?

人によってリフォームを依頼する内容、規模、使用する資材、建物の状態など条件が異なるため、どれくらいの費用がかかるのかは実際に見積もりをとらないと分からないのが現状です。

もちろん1社だけに見積もりをとっても、それが高いのか安いのかは分からないため、基本は数社に見積もりを依頼しなくてはいけません。

同じ工事内容でも、会社によって使う資材や設備も異なってきますので、予想することは困難です。見積もりを依頼するときには、実際に物件を見てもらわなければいけません。外壁塗装の場合は外壁塗装費用相場をまずはチェックしなくてはいけません!

特に中古物件のケースでは、新築物件とは異なり、作業してから発覚する建物の損傷、配管の損傷などにより、別途費用が必要になることもありますので、見積もり金額よりも多い予算を用意しておきたいところです。

参考までにリフォームのおおよその目安費用をご紹介します。

・洋室の内装変更、クロス張り替え、フローリングへ、ドア変更→約33万円。
・外壁塗装→1平米あたり約2,700円、別途足場代1平米あたり1,300円。
・システムキッチン交換→約130万円(工事費約30万円含)。
・トイレの便器を温水便座へ交換→約25万円(工事費約10万円含)。
・洗面化粧台交換→約35万円。

大がかりなリノベーションでは、床面積に対して工事費が計算されます
例えば床面積が50平米の家では、水まわりの交換工事、一部間取り変更などを行った場合、床面積の50かける費用単価10万円だとして、500万円が概算予算となります。

結構な費用が必要になりますので、納得できるまで、さまざまな会社に見積もりを依頼し、納得できるまで相談することが重要です。

リフォームは見積もりが重要です!

だいたいのリフォームにかかる費用を把握するために、複数の業者に見積もり依頼するのが当たり前になってきました。

もちろん見積もりをする目的は、おおよその費用を把握して・どの会社がお得なのか知るだけではありません。

そのリフォーム会社の熱意や姿勢を知ることができる大切な場になります。対応してくれるオペレーターや営業担当との会話の内容などからも判断することができます。

さらに、見積もりを最初に伝えた期限内に提出できるかどうか、基本的で当たり前のことのがきちんとできているかも伺えます。

こういう基本的なことが守れないようでは、肝心の工事でも同じようにスケジュール管理ができない、最後は工期に間に合わせとあせって雑な工事をする可能性が高いです。

その結果、せっかくリフォームしてもらったのに、この部分が剥げてしまった、この部分の見た目がひどいという状況になってしまうのです。

次に見積もりの内容について説明していきます。

会社によっては大雑把な見積もりを出すところ、細かく明細まで記載してあるところにわかれると思います。

きちんとリフォームの際に使う資材の品名、品番など細かく書いてある方が信用性は高いのは言うまでもありません。

ということで、すべてまとめて工事資材一式などと記載しているところは信用できません。

また実際の問題解として、これらの費用以外にも電気工事、水道工事、ガス工事、電話工事なども必要になってきます。

つまり工事費用は別途必要になるということです。

見積もり金額を安く見せるために、こうした工事費用を見積もりに加えていない会社は信用できません。このような点を踏まえて見積もりを入念に確認していきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ