リフォーム費用はどのくらい?

 

人によってリフォームを依頼する内容、規模、使用する資材、建物の状態など条件が異なるため、どれくらいの費用がかかるのかは実際に見積もりをとらないと分からないのが現状です。

 

もちろん1社だけに見積もりをとっても、それが高いのか安いのかは分からないため、基本は数社に見積もりを依頼しなくてはいけません。

 

同じ工事内容でも、会社によって使う資材や設備も異なってきますので、予想することは困難です。

 

見積もりを依頼するときには、実際に物件を見てもらわなければいけません。外壁塗装の場合は外壁塗装費用相場をまずはチェックしなくてはいけません!

 

特に中古物件のケースでは、新築物件とは異なり、作業してから発覚する建物の損傷、配管の損傷などにより、別途費用が必要になることもありますので、見積もり金額よりも多い予算を用意しておきたいところです。

 

参考までにリフォームのおおよその目安費用をご紹介します。

 

・洋室の内装変更、クロス張り替え、フローリングへ、ドア変更→約33万円。
・外壁塗装→1平米あたり約2,700円、別途足場代1平米あたり1,300円。
・システムキッチン交換→約130万円(工事費約30万円含)。
・トイレの便器を温水便座へ交換→約25万円(工事費約10万円含)。
・洗面化粧台交換→約35万円。

 

大がかりなリノベーションでは、床面積に対して工事費が計算されます。

 

例えば床面積が50平米の家では、水まわりの交換工事、一部間取り変更などを行った場合、床面積の50かける費用単価10万円だとして、500万円が概算予算となります。

 

結構な費用が必要になりますので、納得できるまで、さまざまな会社に見積もりを依頼し、納得できるまで相談することが重要です。

 

リフォームは見積もりが重要です!

 

だいたいのリフォームにかかる費用を把握するために、複数の業者に見積もり依頼するのが当たり前になってきました。

 

もちろん見積もりをする目的は、おおよその費用を把握して・どの会社がお得なのか知るだけではありません。

 

そのリフォーム会社の熱意や姿勢を知ることができる大切な場になります。対応してくれるオペレーターや営業担当との会話の内容などからも判断することができます。

 

さらに、見積もりを最初に伝えた期限内に提出できるかどうか、基本的で当たり前のことのがきちんとできているかも伺えます。

 

こういう基本的なことが守れないようでは、肝心の工事でも同じようにスケジュール管理ができない、最後は工期に間に合わせとあせって雑な工事をする可能性が高いです。

 

その結果、せっかくリフォームしてもらったのに、この部分が剥げてしまった、この部分の見た目がひどいという状況になってしまうのです。

 

次に見積もりの内容について説明していきます。

 

会社によっては大雑把な見積もりを出すところ、細かく明細まで記載してあるところにわかれると思います。

 

きちんとリフォームの際に使う資材の品名、品番など細かく書いてある方が信用性は高いのは言うまでもありません。

 

ということで、すべてまとめて工事資材一式などと記載しているところは信用できません。

 

また実際の問題解として、これらの費用以外にも電気工事、水道工事、ガス工事、電話工事なども必要になってきます。

 

つまり工事費用は別途必要になるということです。

 

見積もり金額を安く見せるために、こうした工事費用を見積もりに加えていない会社は信用できません。このような点を踏まえて見積もりを入念に確認していきましょう。

 

参考サイト⇒外壁塗装の見積もり費用相場
外壁塗装の見積もり費用は結構かかりますので、しっかり塗装業者を比較してから依頼 することが重要です。そこで、実際の外壁塗装の見積もりを紹介するとともに、お住まい の地域で業者を比較できる一括見積もご紹介しています。

 

リフォームとリノベーションの違いは?

 

家やオフィスのリフォームを検討している人であれば、リノベーションという言葉を聞いたことはないでしょうか?

 

以前であればすべてリフォームという言葉が一般的でしたが、数年前からなぜかリノベーションという言葉もよく使われるようになりました。

 

しかし現状では、意味もよく分からずにリフォーム、リノベーション、それぞれ同じような意味にとらえている人も多いと思います。

 

個人的には、リフォームよりもリノベーションの方が近未来的な印象を受けますが、どちらも家の修復をイメージした言葉になります。

 

ここで具体的にそれぞれの違いについて説明していきます。

 

「リフォーム」・・・老朽化した家などを新築の時のような状態へと戻すことを一般的にリフォームと呼びます。
悪い状態から改良すること、つまり壊れたり・汚れたり・老朽化した建物をきれいにする、修繕する、新しくすることを指しています。
基本的に外壁や屋根の塗装、浴槽の入れ替えやシステムキッチン設置、壁紙の張り替え程度の小規模な工事をリフォームとしています。

 

「リノベーション」・・・大規模な工事を既存の家に行うことで、新築のときよりもさらに良い状態へと向上させることをいいます。
建物の価値、機能を新築の時の状態よりも向上させることを目指しています。
一昔前の住環境を現代スタイルに合わせて、機能面を向上させることもリノベーションとなります。
基本的に間取り変更、外壁補修、冷暖房換気設備更新、給排水設備更新などの大規模工事をリノベーションとしています。

 

ここまで見てくると、リノベーションはかなりの費用が必要な印象を受けますが、実際その通りなんだと思います。

 

最近は自分の理想とする空間を目指して、新築の注文住宅では予算が高すぎるため、中古物件を買ってリノベーションする人も増えているそうです。

 

ちなみに中古物件を安く購入し、リノベーションを行って高く売ることができれば、かなりの利益が望めるかもしれませんね。

 

リノベーション前にしっかり計画を

 

リフォームするにも、リノベーションするにも大切なのは、信頼できる会社に依頼することが一番重要になってきます。

 

なぜなら、ここ最近TVを見ていても感じるのですが、手抜き工事で利益を増やす業者も少なくないからです。

 

そのほかにも、新人の職人が混じっており、工程の中でやるべきことをやらないという事態も発生する可能性もあるからです。

 

そのほかにも、リフォームの予算、価値観にあった会社を選ぶことが大切です。たまに話の合わない会社もあることでしょう。こちらがこうしたいと伝えているのに、「こうした方がお得ですよ」と返答する営業マンとか。

 

さて、リノベーションをする場合の一連の流れについて説明します。

 

リフォームでも、リノベーションでも最初に自分がどのような設計をしたいのかイメージをつくる必要があります。

 

そこでショールーム、物件見学会などで、多くの事例を確認する行為が必要になってきます。

 

リノベーション会社がこれらのイベントを計画していますから、積極的に参加してみましょう。

 

どういったイメージにしたいのか想像できるようになりますし、どこの会社に頼むのがいいのかという情報収集もできます。

 

リノベーションを依頼する会社が決まったら、その会社が行っている相談会に参加します。

 

持家の場合は現況確認やヒアリング、資金計画、スケジュールなどについて説明してもらうことができます。
この時点でフィーリングが合ったら、家に戻って家族と相談して確認しましょう。

 

一方で持家がないときには物件探しから行う必要があります。

 

物件探しから設計、施工まですべて行うワンストップ型のリノベーション会社にした場合には、リノベーションの費用などについて考慮しながら物件探しをしてもらうことができます。

 

立地、価格、様々な条件に合う物件が見つかったら、物件調査をして希望するリノベーションが行えそうか、コスト面で予算内に収まりそうかチェックして条件に合えば依頼することになります。

 

すぐに希望の物件が見つからなくても、途中で妥協してはいけません。ご自身の理想を叶えるために根気よく物件・会社を探すことが成功のポイントです。

 

リノベーションがおすすめな人

 

今流行りのリノベーションですが、次のように感じている人におすすめです。

 

・デザインにこだわる人。
・自分で考えたこだわりの家に住みたい人。
・費用を節約して今を楽しく生きたい人。

 

家族が増えて、今住んでいる家が狭くなったと感じて・新しい家に住み替えたいと考える人も少なくありません。もしくはマンションの住み心地があまりよくなく・一戸建てに住みたいと考える人は意外と多いようです。

 

たしかに短期間住むのであればマンションでも問題ないでしょう。

 

しかしマンションに住んでいると騒音トラブル等も多いので、そういうマンションに住んでしまったら毎日が大変です。

 

ちなみに子供のことを考えると、今通っている学校の学区内がいいとか、両親の近くがいいとか、場所がある程度制限されることもあります。

 

たとえ新築物件がその地域になくても、中古物件も検討範囲にいれれば、意外と見つかる可能性も高くなります。

 

住みたい地域内にある中古物件を探してリノベーションすれば、思い通りの家にすることができるかもしれません。

 

もちろん今暮らしている家にそれなりの広さがあれば、リフォームするという選択肢もあります。

 

しかし、住まいにこだわりがあり、スタイリッシュな家に住みたいと思う人にもリノベーションがおすすめです。

 

ジャグジー付の露天風呂、ガラス張りの浴室、採光のいい天窓をつける、リビングは吹き抜けをつけるなどオリジナリティある家を作り上げることができます。

 

さらには壁の塗り替え、模様替え、エントランスなど自分で好きなように塗って変えることもできちゃいます!

 

マンションでは、思うように内装を変えることはできませんが、自分の持家になればそれができます。

 

一般的に社会に供給されている戸建分譲住宅ではなく、自分の好む理想の家、自分の生き方に合う家に住みたい人。

 

無理して新築の高級住宅に住むのではなく、無理することなく自然に今を楽しく暮らしていきたいと言う人にもおすすめです。

 

更新履歴